集塵機におけるフィルタの洗浄方法

開放特許情報番号
L2018000665
開放特許情報登録日
2018/4/5
最新更新日
2018/4/5

基本情報

出願番号 特願2008-175206
出願日 2008/7/4
出願人 大陽日酸株式会社
公開番号 特開2010-012419
公開日 2010/1/21
登録番号 特許第5149089号
特許権者 大陽日酸株式会社
発明の名称 集塵機におけるフィルタの洗浄方法
技術分野 機械・加工
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 集塵機
目的 フィルタによりガス中の塵を除去する集塵機において、フィルタの表面に付着した塵が付着性を有するものであっても、十分にその塵を払い落とすことができるフィルタの洗浄方法を提供する。
効果 本発明の集塵機のフィルタの洗浄方法によれば、集塵工程時とは逆方向の流れのガスによって膨張したフィルタを強制的に収縮させることができるので、膨張と収縮との繰り返しによるフィルタの逆洗浄を効率良く行なうことができる。特に燃焼式の排ガス処理時に発生するSiO2などの塵を捕捉するのに有効である。
技術概要
イメージ図のような集塵機におけるフィルタの洗浄方法において、含塵ガス導入弁(17)及び無塵ガス導出弁(19)を閉じ、開放弁(27)を開いた状態で洗浄用ガス噴出部(20)から洗浄用ガスをバグフィルタ(15)内に噴出してバグフィルタ(15)の逆洗浄を行っている間に、無塵ガス導出弁(19)を開くとともに開放弁(27)を閉じて流出室(14)内のガスをガス吸引装置(26)にて吸引する操作を間欠的に行うことを特徴とする。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大陽日酸株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT