蛍光性タンパク質の非蛍光性変異体

開放特許情報番号
L2018000623
開放特許情報登録日
2018/4/2
最新更新日
2018/4/2

基本情報

出願番号 特願2016-090671
出願日 2016/4/28
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2017-197487
公開日 2017/11/2
発明の名称 蛍光性タンパク質の非蛍光性変異体
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 非蛍光性タンパク質、遺伝子、ベクター、非ヒト哺乳動物、非ヒトクローン哺乳動物間の移植方法、及び非ヒトクローン哺乳動物の作製方法
目的 新しい非蛍光性タンパク質、及びそれを利用した移植方法を提供する。
効果 monomeric Plumを発現する細胞、組織、臓器を移植しても、拒絶反応を起こさない非ヒト哺乳動物が提供される。monomeric Plumは自家蛍光やヘモグロビンの吸収波長の影響を受けにくく、移植細胞等の追跡用マーカーとして優れている。従って、monomeric Plumを発現する細胞等に対して拒絶反応を起こさない前記非ヒト哺乳動物は、移植実験用動物として非常に有用である。
技術概要
配列番号1に記載のアミノ酸配列からなる蛍光性タンパク質の変異体であって、以下の特徴を有する蛍光性タンパク質の変異体、
(1)前記蛍光性タンパク質と同じ抗原性を示す、
(2)実質的に非蛍光性である、
(3)配列番号1に記載のアミノ酸配列における68番目のチロシンに相当するアミノ酸が、チロシン以外のアミノ酸である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT