酸化物焼結体、その製造方法、それを用いた固体電解質、および、それを用いたリチウムイオン電池

開放特許情報番号
L2018000605
開放特許情報登録日
2018/3/30
最新更新日
2018/3/30

基本情報

出願番号 特願2015-042599
出願日 2015/3/4
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2016-160160
公開日 2016/9/5
発明の名称 酸化物焼結体、その製造方法、それを用いた固体電解質、および、それを用いたリチウムイオン電池
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 リチウムイオン電池
目的 リチウムイオン電池向け固体電解質に適用可能なガーネット型結晶構造を有するLi7La3Zr2O12を含有する酸化物焼結体、その製造方法、それを用いた固体電解質、及び、それを用いたリチウムイオン電池の提供。
効果 高いリチウムイオン導電性を有し、固体電解質に適用できる。
短絡が抑制され、安全なリチウムイオン電池を提供できる。
技術概要
立方晶系ガーネット型結晶構造を有するLi7La3Zr2O12で表される母体に、M(ただし、Mは、Al、NbおよびTaから少なくとも1つ選択される元素)が固溶した酸化物を主成分とし、気孔体積比率は0.5%以下であり、好ましくは0.3%以下である酸化物焼結体100。Laに対するMの原子比が0≦M/La≦0.15であり、好ましくは0.04≦M/La≦0.8であり、Laに対するLiの原子比は2≦Li/La≦2.5であり、Laに対するZrの原子比は0.6≦Zr/La≦0.7である。リチウムイオン電池向け固体電解質材料である、酸化物焼結体100。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT