”薄型”免震装置

開放特許情報番号
L2018000592 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/3/12
最新更新日
2018/3/21

基本情報

出願番号 特願2000-202614
出願日 2000/7/4
出願人 株式会社イトーキ
公開番号 特開2001-193792
公開日 2001/7/17
登録番号 特許第4021130号
特許権者 株式会社イトーキ
発明の名称 ボール式免震台
技術分野 機械・加工、生活・文化
機能 機械・部品の製造、免振・制振
適用製品 ボール(鋼球)を使用した免震台
目的 リテーナでボールを保持できる免震台を提供する。
効果 上下ベースを、加速度を生じさせることなくスムースに相対動させることができるのであり、その結果、リテーナを設けたことの意義、すなわち、各ボールを揃えた状態で移動させて免震性能を高めるという意義を、より確実ならしめることができる。
技術概要
平面視で重なるように配置した上下ベース、前記上下ベースを水平方向に相対動させるために両者の間に介在させた複数個のボール、前記各ボールを転動自在に保持するリテーナ、
を備えているボール式免震台であって、
前記リテーナは、各ボールに対応した複数個のボール保持部材と、前記各ボール保持部材が固定された本体とを備えており、前記ボール保持部材は、合成樹脂からなる単一部材であると共に上下に開口した筒状のボール保持部を有しており、前記ボール保持部を、前記本体と反対側の外側に位置した部位に上下長手のスリットを形成して平面視で非ループ状に分断することにより、ボール保持部自身の弾性によってボールが転動可能な状態に挟持されていると共に、開口部からボールを嵌め入れできるようになっている、
ボール式免震台。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社イトーキ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT