段差移動が簡単なキャスター

開放特許情報番号
L2018000591 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/3/12
最新更新日
2018/3/21

基本情報

出願番号 特願2000-263940
出願日 2000/8/31
出願人 株式会社イトーキ
公開番号 特開2002-067601
公開日 2002/3/8
登録番号 特許第3696489号
特許権者 株式会社イトーキ
発明の名称 家具のキャスター
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 テーブル等の家具におけるキャスター
目的 段差の高さがある程度以上になると乗り越えることができないという問題、すなわち、乗り越えることのできる段差の高さに限度がある。
車輪とは別に補助輪を取付けなければならないため、部材点数の増加と組み立て工程の増加とにより、コストが嵩むという問題、この問題を解消すること。
効果 主ガイド部が段差上を滑り移動してキャスターの全体を上昇させることにより、車輪が段差を乗り越えることができる。
主ガイド部のガイド作用によってキャスターを上昇させることができ、高い高さの段差も乗り越えることができる。
製造及び組み立ての手間を軽減し、それだけコストを抑制できる。
技術概要
下向きに開口した筒部を有していて家具の脚に取付けられるアウター部材と、このアウター部材を支持するため当該アウター部材の内部に下方から嵌め入れたインナー部材と、平面視でアウター部材の内側に配置されていると共に床面上を転動し得る車輪とを備えており、
前記インナー部材はアウター部材に水平旋回自在に装着されている一方、
前記車輪は車軸を備えており、この車軸を、前記インナー部材のうち平面視で旋回中心から外側にずれた位置に形成した一対の車軸受け部に取付けており、
更に、前記インナー部材のうちその旋回中心を挟んで車輪の取付け位置と反対側の部位に、前記車輪の回転軸心に沿った方向から見て下面がインナー部材の端部から車輪の方に向けて低くなるように傾斜しかつアウター部材の下方に位置した主ガイド部を一体に形成しているキャスター。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社イトーキ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT