”オプション忘れ防止”包装部材

開放特許情報番号
L2018000582 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/3/12
最新更新日
2018/3/21

基本情報

出願番号 特願2006-014499
出願日 2006/1/24
出願人 株式会社イトーキ
公開番号 特開2007-197015
公開日 2007/8/9
登録番号 特許第4913416号
特許権者 株式会社イトーキ
発明の名称 包装構造
技術分野 輸送
機能 その他
適用製品 包装構造
目的 溝等の空所を有する物品を包装する包装体において、付属品類の同梱を低コストで行えると共に梱包忘れも解消した構造を提供する。
効果 包装体に形成したポケット部に付属品類を収納することができるが、ポケット部は、物品を包装している包装体それ自体に形成しているため、従来に比べてコストを低減できると共にゴミ減量によって環境負荷も低減できる。そして、包装体に切り込みを形成することでポケット部を形成しているため、加工が簡単でコスト抑制に一層貢献できる。
技術概要
段ボールシート又は板紙からなる包装体で物品を包装する構造であって、前記包装体に、附属品類を収納するポケット部が外向きに開口するように設けられている構成において、
前記包装体のポケット部は、ヒンジ部とこれに連続した切り込みとで囲われたフラップを有しており、前記フラップは前記ヒンジ部の箇所を折り目として裏側に折り曲げられており、かつ、前記物品をポケット部の底部として機能させている、
包装構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社イトーキ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT