低コストの木材集成天板

開放特許情報番号
L2018000577 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2018/3/12
最新更新日
2018/3/21

基本情報

出願番号 特願2003-371236
出願日 2003/10/30
出願人 株式会社イトーキ
公開番号 特開2005-131966
公開日 2005/5/26
登録番号 特許第3969380号
特許権者 株式会社イトーキ
発明の名称 木材集成天板
技術分野 機械・加工、生活・文化
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 木材集成天板
目的 長尺の角材若しくは板材からなる構成材を互に接着した単層の集成材でありながら、反りや捩れを防止することにより、広い面積の天板として使用可能であり、製造コストを最小限に抑制した木材集成天板を提供する。
効果 森林資源の有効活用が図れるとともに、環境に配慮した木材集成天板を提供できる。
本発明は、間伐材の用途を拡大させるものであり、森林に放置される間伐材を少なくして森林の下層植生を活性化させ、生きた森林を維持することに対する1役を担うのである。
技術概要
小径の丸太材から製材した長尺の角材若しくは板材からなる複数の構成材を、年輪の湾曲凸方向を表面側に向けて配列させて側端面同士を接着し、表裏方向に圧縮加工した後、裏面における各構成材の継ぎ目若しくは継ぎ目近傍に沿ってスリット溝を形成したことを特徴とする木材集成天板。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社イトーキ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT