触媒及びその製造方法

開放特許情報番号
L2018000568
開放特許情報登録日
2018/3/9
最新更新日
2018/3/9

基本情報

出願番号 特願2009-095171
出願日 2009/4/9
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2010-240621
公開日 2010/10/28
登録番号 特許第5360972号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 触媒及びその製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 触媒及びその製造方法
目的 反応の際の炭素の析出を抑制することができ、寿命が長い、触媒及びその製造方法を提供する。
効果 本発明の触媒及びその製造方法によれば、500℃〜700℃の低温領域でガス化等の反応を行うことが可能になる。
そして、担体の表面にある触媒成分の遷移金属の濃度を高く保つことができるので、充分な触媒活性が得られる。
有機物の熱分解反応や有機物の接触的合成反応の際において、触媒成分の遷移金属に炭素が析出して触媒が失活することを抑制することができるので、触媒の寿命を長くすることができる。
低温領域でガス化等の反応を行うことができ、充分な触媒活性が得られると共に、寿命が長い触媒を実現することができる。
技術概要
COメタネーション反応用の触媒成分を担体に担持させて成る触媒であって、
酸化物からなる前記担体と、
前記担体の表面上に付着形成された、遷移金属である前記触媒成分と、
前記担体の表面上に付着形成された、アルカリ土類金属の酸化物と、
表面付近の前記担体内に形成された、前記アルカリ土類金属と前記担体の成分とを含有するバリア層とを含み、
前記遷移金属がNi,Fe,Coの1種以上である
触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP20-073

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT