複素バンドパスΔΣAD変調器及びデジタル無線受信機

開放特許情報番号
L2018000556
開放特許情報登録日
2018/3/9
最新更新日
2018/3/9

基本情報

出願番号 特願2011-502721
出願日 2010/2/24
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 WO2010/101058
公開日 2010/9/10
登録番号 特許第5187788号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 複素バンドパスΔΣAD変調器及びデジタル無線受信機
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 無線受信機
目的 より簡易な構成で且つ低消費電力で、I及びQ経路間のミスマッチの問題を解消できる複素バンドパスΔΣAD変調器及びそれを備えるデジタル無線受信機を提供すること。
効果 本発明の複素バンドパスΔΣAD変調器では、受動的な回路素子により構成可能なノイズ抽出回路部を設けることにより、そのスペクトル特性において、信号帯域だけでなくイメージ帯域にも減衰極を生成することができる。それゆえ、本発明によれば、より簡易な構成で且つ低消費電力でI及びQ経路間のミスマッチの問題を解消することができ、効率よく且つ高精度のAD変換が可能になる。
技術概要
本発明の複素バンドパスΔΣAD変調器は、アナログデジタル変換部と、デジタルアナログ変換部と、減算部と、複素バンドパスフィルタと、ノイズ抽出回路部と、加算部とを備える構成とし、各部の機能及び構成は次のようにする。アナログデジタル変換部は、アナログの複素信号をデジタルの複素信号に変換する。デジタルアナログ変換部は、アナログデジタル変換部から出力される複素信号をアナログの複素信号に変換する。減算部は、外部から入力される入力複素信号から、デジタルアナログ変換部から出力される複素信号を減算する。複素バンドパスフィルタは、減算部から出力される複素信号に対して所定の周波数帯域の信号成分を通過させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP20-057JP,US,EP

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT