フラーレン超伝導線材およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018000526
開放特許情報登録日
2018/3/8
最新更新日
2018/3/8

基本情報

出願番号 特願2015-138090
出願日 2015/7/9
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2017-021967
公開日 2017/1/26
発明の名称 フラーレン超伝導線材およびその製造方法
技術分野 電気・電子、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 フラーレン超伝導線材の製造方法
目的 アルカリ金属等を用いて超伝導化したフラーレンを用いたフラーレン超伝導線材の製造方法に関し、特に空気中でも安定な超伝導線材が得られる製造方法を提供する。
効果 本発明のフラーレン超伝導線材の製造方法によれば、フラーレン超伝導線材が延性がある金属合金で覆われている為、空気中でも安定な超伝導線材が得られる。
技術概要
フラーレンと、K、Rb、Cs、Na、Ca、Sr、Yb、Sm、Baからなる群から選ばれた添加元素とを超伝導フラーレン材料ができる組成比率で準備する工程と、
前記フラーレンと前記添加元素をアンモニア溶媒に溶かす工程と、
前記シース内を前記アンモニア溶液で満たす工程と、
前記シース内のアンモニア溶媒を蒸発させて、前記超伝導フラーレン材料ができる組成比率の添加元素と前記フラーレンを前記シース内に残存させる工程と、
前記シースをプレスすると共に、前記シースの両端を閉管する工程と、
前記シースの両端が閉管プレスされた前記シースを100℃〜300℃で熱処理して、前記超伝導フラーレン材料ができる組成比率のフラーレンと添加元素を超伝導化する工程と、
を有することを特徴するフラーレン超伝導線材の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT