磁気冷凍材料

開放特許情報番号
L2018000521
開放特許情報登録日
2018/3/8
最新更新日
2018/3/8

基本情報

出願番号 特願2015-164158
出願日 2015/8/21
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2017-039993
公開日 2017/2/23
発明の名称 磁気冷凍材料
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 磁気冷凍材料
目的 液体水素の沸点温度である20Kで最も大きな磁気熱量効果を示す磁気冷凍材料を提供する。
効果 本発明の磁気冷凍材料によれば、液体水素の沸点温度である20Kで最も大きな磁気熱量効果を示す磁気冷凍材料を提供でき、水素液化技術として好ましい。
技術概要
化学組成が、Er↓(5+x)Pd↓2(−0.5≦x≦0.5)で表される磁気冷凍材料。
磁気冷凍材料は、結晶構造が立方晶系Dy↓5Pd↓2型(HM表記ではFd-3m)で表されることを特徴とする磁気冷凍材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT