試料台、熱電特性評価装置、熱電特性を評価する方法、および、電極を評価する方法

開放特許情報番号
L2018000520
開放特許情報登録日
2018/3/8
最新更新日
2018/3/8

基本情報

出願番号 特願2015-162416
出願日 2015/8/20
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2017-040556
公開日 2017/2/23
発明の名称 試料台、熱電特性評価装置、熱電特性を評価する方法、および、電極を評価する方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 試料台、熱電特性評価装置、熱電特性を評価する方法、および、電極を評価する方法
目的 測定されるべき試料の大きさ(高さや断面積等)に依存することなく熱電特性を高精度に測定するための試料台、それを用いた熱電特性装置、それを用いた熱電特性評価方法、および、電極を評価する方法を提供する。
熱電材料の性能指数を高精度に評価できる方法を提供する。
効果 試料台は、第1および第2の熱電対が試料に接しさえすればよいため、第1/第2のブロックの大きさを考慮することなく、任意の厚さおよび断面積を有する試料を測定できる。さらに、電極の抵抗あるいは電極と試料との間の抵抗を単純化し、熱電特性を高精度に測定できる。また、試料に均一に圧力をかけることができる。
熱電特性評価装置は、接触抵抗等の各種の抵抗が単純化されるので、内部抵抗および電気伝導度を高精度に算出できる。
熱電特性評価方法によれば、従来の無次元性能指数ZTを用いたそれよりも正確である。
技術概要
試料を挟持し、前記試料の熱電特性を評価するための試料台であって、
先端以外が絶縁された第1の熱電対が埋め込まれた第1のブロックと、
先端以外が絶縁された第2の熱電対が埋め込まれた第2のブロックと
を備え、
前記第1のブロックと前記第2のブロックとは、前記第1の熱電対および前記第2の熱電対のそれぞれの前記先端が前記試料と接触するよう、前記試料を挟持し、
前記第1の熱電対と前記試料とが接する領域以外の前記第1の熱電対と前記第1のブロックとの間の空間、ならびに、前記第2の熱電対と前記試料とが接する領域以外の前記第2の熱電対と前記第2のブロックとの間の空間は、導電性を有する材料で充填されており、
前記第1の熱電対は、電圧計に接続されるよう、前記第1のブロックの平面方向の端部から外部へ出ており、
前記第2の熱電対は、前記電圧計に接続されるよう、前記第2のブロックの平面方向の端部から外部へ出ている、試料台。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT