レーザを用いた岩石の加工方法及びその装置

開放特許情報番号
L2018000501
開放特許情報登録日
2018/3/6
最新更新日
2018/3/6

基本情報

出願番号 特願2007-016917
出願日 2007/1/26
出願人 日本海洋掘削株式会社、国立大学法人東北大学、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
公開番号 特開2008-183737
公開日 2008/8/14
登録番号 特許第4270577号
特許権者 日本海洋掘削株式会社、国立大学法人東北大学
発明の名称 レーザを用いた岩石の加工方法及びその装置
技術分野 電気・電子、機械・加工、土木・建築
機能 機械・部品の製造、表面処理、その他
適用製品 岩石の加工方法及びその装置
目的 レーザ照射により石英ガラスや二酸化珪素が溶融ドロスとなって析出するような岩石に対しても穿孔が可能な技術を提供する。
効果 析出するドロスを効果的に排除し、岩石に穿孔したり岩石を切断する。
技術概要
レーザ照射位置に液体を介在させ、液体への吸収率の高い波長1.2μm以上のレーザを照射し、溶融ドロスを飛散させて岩石を加工する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT