循環癌細胞を捕捉又は検出する方法

開放特許情報番号
L2018000482
開放特許情報登録日
2018/3/2
最新更新日
2018/3/2

基本情報

出願番号 特願2015-190284
出願日 2015/9/28
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2017-067498
公開日 2017/4/6
発明の名称 循環癌細胞を捕捉又は検出する方法
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 循環癌細胞を捕捉又は検出する方法
目的 神経芽腫などの癌細胞を簡便かつ非侵襲に捕捉し、検出するための方法を提供する。
効果 本発明の方法によれば、簡便、安価、短時間に、低侵襲で、神経芽腫などの難治性固形腫瘍患者のCTCを捕捉することが可能となる。すなわち、本発明は以下の利点を有する。
1)検査機器として検査開始までの準備が容易である。
2)チューブを使用する必要がないため不必要な試薬を使用しない。
3)マイクロチップ以外に無駄な流路がないことにより試料を少なくできるため検査時間短縮及び患者の負担軽減につながる。
技術概要
循環癌細胞を捕捉する方法であって、
インビトロで、被検者から単離された血液由来の液体試料をマイクロチップに通過させてマイクロチップ内で前記液体試料に含まれる循環癌細胞を捕捉する工程を含み、
前記マイクロチップは、内部に流体を通すことのできる流路、当該流路に液体を流入させるための流入口、当該流路を通過した液体を排出するための排出口、および当該流路上に担持された循環癌細胞を捕捉するための抗体を有し、
前記工程は、マイクロチップを、排出口側を水中に浸し、流入口側は水面より上方に置いた状態で、流入口から試料をマイクロチップに導入して行うことを特徴とする、方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP27-002

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT