転写調節領域、ベクター及び転写調節方法

開放特許情報番号
L2018000466
開放特許情報登録日
2018/3/1
最新更新日
2018/3/1

基本情報

出願番号 特願2016-077419
出願日 2016/4/7
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2017-184680
公開日 2017/10/12
発明の名称 転写調節領域、ベクター及び転写調節方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 転写調節領域、ベクター及び転写調節方法
目的 花で核酸の転写を調節可能な転写調節領域を提供。
効果 本発明により、花での特異的な発現を調節可能な転写調節活性を有するポリヌクレオチドを提供できる。
技術概要
下記(I)〜(III)のいずれかの塩基配列からなるポリヌクレオチドであって、雄ずい及び雌ずいで特異的に転写調節可能な転写調節領域。
(I)配列番号29で表される塩基配列
(II)配列番号29で表される塩基配列のうちの1若しくは数個の塩基が欠失、置換、若しくは付加された塩基配列からなり、且つ雄ずい及び雌ずいにおいて特異的に転写調節可能な活性を有する塩基配列
(III)配列番号29で表される塩基配列と80%以上の配列同一性を有し、且つ雄ずい及び雌ずいにおいて特異的に転写調節可能な活性を有する塩基配列
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT