焼結体

開放特許情報番号
L2018000454
開放特許情報登録日
2018/2/28
最新更新日
2018/2/28

基本情報

出願番号 特願2017-174373
出願日 2017/9/11
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-212236
公開日 2017/11/30
発明の名称 焼結体
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 焼結体
目的 シリコン負極に導電性を付与すると共に、機械的特性を向上した、安価で長寿命のリチウムイオン電池を高能率で製造することを可能にする焼結体を提供する。
効果 産業廃棄物とされているシリコン粉末をリチウムイオン電池材料へ活用できる。安価で長寿命のシリコン負極のリチウムイオン電池の製造が実現できる。
従来の焼結法より大幅なエネルギー削減が可能である。最小限の焼結エネルギーにより成膜が可能であり、シリコン粒子の結晶性制御も可能である。
技術概要
不純物除去が行われていない、炭酸珪素粉末及びダイヤモンド粒子の少なくとも一方が混在するシリコン切屑で構成されるシリコン粒子10と、その周囲のポーラス構造を有する銅(12)からなり、前記銅(12)が導電性ネットワークを形成している。又は、前記シリコン粒子10と、その周囲の炭素系膜からなり、該炭素系膜が気孔15を持つポーラス構造で導電性ネットワークを形成している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT