IgE非依存性アレルギー疾患検査方法

開放特許情報番号
L2018000426
開放特許情報登録日
2018/2/23
最新更新日
2018/2/23

基本情報

出願番号 特願2015-181355
出願日 2015/9/15
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2017-055684
公開日 2017/3/23
発明の名称 IgE非依存性アレルギー疾患検査方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 IgE非依存性アレルギー疾患治療薬のスクリーニング方法、スクリーニング用のキット
目的 本発明は、IgE非依存性アレルギー疾患の検査方法、IgE非依存性アレルギー疾患治療薬のスクリーニング方法、並びに当該検査方法及び当該スクリーニング方法に用いるキットを提供することを課題とする。
効果 IgE非依存性アレルギー疾患の検査が可能となる。これまでIgE非依存性アレルギー疾患の検査方法として用いられてきたALST等の方法と比べて、培養が短時間で済み、PBMCを分離する必要もなく、短時間で簡便に結果を得ることができる。また、アイソトープ等の施設も必要なく、採血量も比較的少量で済む。
技術概要
被検者から得られた試料にアレルゲンを添加して培養し、当該培養試料中の細胞が発現するマーカー遺伝子の発現量を測定することにより、IgE非依存性アレルギー疾患の検査が可能である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP26-037

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT