パルス電圧を用いた荷電粒子ビームの取り出し方法および加速器

開放特許情報番号
L2018000422
開放特許情報登録日
2018/2/23
最新更新日
2018/2/23

基本情報

出願番号 特願2011-526768
出願日 2010/8/10
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 WO2011/019036
公開日 2011/2/17
登録番号 特許第5682967号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 パルス電圧を用いた荷電粒子ビームの取り出し方法および加速器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 加速器
目的 パルス電圧を用いて、高速且つ安定的に荷電粒子ビームを取り出し、さらに取り出された荷電粒子ビームの強度を均一にし、高精度な照射線量の制御を可能にする荷電粒子ビームの取り出し方法を提供すること。
効果 本願発明を医療用の加速器に採用すると照射時間を大幅に短縮でき、患者の負担を著しく軽減できる。
照射部位に対して極めて高精度で瞬間的な荷電粒子ビーム強度並びに照射線量の制御が可能になり、治療に必要な投与線量を正確に照射することで、意図した治療効果を確実に得ると同時に予期せぬ不要な副作用の発現を著しく軽減できる。
技術概要
荷電粒子ビームを加速する円形加速器において、加速された荷電粒子ビームの一部にパルス電圧を印加し、荷電粒子ビームの一部のみに運動量偏差を発生させ、荷電粒子ビームの軌道の周回面の半径が増加する方向を正と定める方向である水平方向の位相空間内において、運動量偏差が大きい一部の荷電粒子を安定外領域かつ取り出し領域に位置させ、前記安定外領域かつ取り出し領域に位置した荷電粒子群を選択的に前記水平方向に大きく偏向させて取り出すことを特徴とする荷電粒子ビームの取り出し方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP21-005JP,US,EP

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT