糖化合物、糖化合物の製造方法、ENGase活性検出用組成物、及びENGase活性阻害剤のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2018000418
開放特許情報登録日
2018/2/23
最新更新日
2018/2/23

基本情報

出願番号 特願2016-118055
出願日 2016/6/14
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2017-222590
公開日 2017/12/21
発明の名称 糖化合物、糖化合物の製造方法、ENGase活性検出用組成物、及びENGase活性阻害剤のスクリーニング方法
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 糖化合物
目的 エンド−β−N−アセチルグルコサミニダーゼ(ENGase)活性の検出に利用することができる新規な化合物やENGase活性阻害剤の開発に役立つスクリーニング方法を提供する。
効果 本発明によれば、ENGase活性を簡易的に検出することができ、ENGase活性阻害剤等を効率的にスクリーニングすることができる。
技術概要
蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)が生じる蛍光基と消光基を特定の五糖構造に導入した式(I)で表される化合物が、ENGase活性の検出に有効である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP27-044

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT