GPR3、GPR6、およびGPR12からなる群から選ばれる受容体タンパク質を用いる、Nesfatin−1作用調節物質またはNesfatin−1様作用物質のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2018000416
開放特許情報登録日
2018/2/23
最新更新日
2018/2/23

基本情報

出願番号 特願2008-099650
出願日 2008/4/7
出願人 帝人ファーマ株式会社、国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2008-253265
公開日 2008/10/23
登録番号 特許第5229721号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 GPR3、GPR6、およびGPR12からなる群から選ばれる受容体タンパク質を用いる、Nesfatin−1作用調節物質またはNesfatin−1様作用物質のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 Nesfatin−1作用調節物質またはNesfatin−1様作用物質のスクリーニング方法
目的 未知のNesfatin-1受容体を同定し、そのNesfatin-1受容体を用いてNesfatin-1の作用を調節する物質またはNesfatin-1様作用を有する物質を、スクリーニングまたはデザインする方法を提供する。
効果 本発明により、Nesfatin-1作用調節物質またはNesfatin-1様作用物質を、in vitroまたはin silicoでスクリーニングする方法を提供することができる。
さらに本発明は、摂食調節および/または体重調節の関連因子、特に肥満症候群、摂食障害、代謝異常、糖尿病などの疾患の治療薬をスクリーニングする方法を提供する。
技術概要
受容体タンパク質GPR12に試験物質を作用させる工程、および
Nesfatin-1作用の変化に基づいてNesfatin-1様作用物質を特定する工程を含む、
Nesfatin-1様作用物質のスクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP19-001

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT