飛翔生物検出装置

開放特許情報番号
L2018000386
開放特許情報登録日
2018/2/21
最新更新日
2018/2/21

基本情報

出願番号 特願2016-048358
出願日 2016/3/11
出願人 国立研究開発法人国立環境研究所
公開番号 特開2017-161453
公開日 2017/9/14
発明の名称 飛翔生物検出装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 飛翔生物検出装置
目的 飛翔生物を精度良く検出することが可能な飛翔生物検出装置を提供する。
効果 飛翔生物を精度良く検出することができる。
技術概要
飛翔生物を検出する飛翔生物検出装置10は、棒状部材11と、棒状部材の先端部に設けられ、棒状部材の先端部に入射する光量を検出する第1の受光部12と、第1の受光部を棒状部材の外周面の周方向に沿って囲む遮光部材14と、棒状部材の中間位置に設けられ、中間位置に入射する光量を検出する第2の受光部13と、第1の受光部によって検出された第1の検出値及び第2の受光部によって検出された第2の検出値に基づいて、飛翔生物が棒状部材の先端部に静止しているか否かを判定する判定部17と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT