粒子測定装置及び粒子識別方法

開放特許情報番号
L2018000363
開放特許情報登録日
2018/2/19
最新更新日
2018/2/19

基本情報

出願番号 特願2016-087101
出願日 2016/4/25
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-198468
公開日 2017/11/2
発明の名称 粒子測定装置及び粒子識別方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 粒子測定の技術
目的 既存の粒子測定装置を利用して、液体中に気体粒子と固体粒子の少なくとも一方が存在する場合に、簡便かつ効果的に両者の粒子の存在状態を識別し測定することのできる測定技術を提供する。
効果 液体中に固体粒子と気体粒子の少なくとも一方が存在する場合に、簡便かつ効果的に粒子の存在状態を識別し測定することが可能になる。
技術概要
耐圧性のサンプルセルと、
前記サンプルセル内の圧力を調整する圧力調整器と、
第1の圧力と、前記第1の圧力と異なる第2の圧力の下で、前記サンプルセルに収容される液体に含まれる粒子を検出する検出部と、
前記検出部による検出結果から前記液体に含まれる粒子の存在状況を特定する演算処理部と、
を有することを特徴とする粒子測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT