赤外線レンズ並びにその製造装置及び製造方法

開放特許情報番号
L2018000360
開放特許情報登録日
2018/2/19
最新更新日
2018/2/19

基本情報

出願番号 特願2015-170954
出願日 2015/8/31
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-049345
公開日 2017/3/9
発明の名称 赤外線レンズ並びにその製造装置及び製造方法
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 赤外線レンズ並びにその製造装置及び製造方法
目的 レンズ基材の片面又は両面に薄肉レンズ層が一体的に形成された複合レンズ(ハイブリッドレンズ)を構成する赤外線レンズであって、レンズ基材と薄肉レンズ層との密着強度が高く、安価で大量生産が可能な赤外線レンズ並びにその製造装置及び製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、レンズ基材の片面又は両面に薄肉レンズ層が一体的に形成された複合レンズ(ハイブリッドレンズ)を構成する赤外線レンズであって、レンズ基材と薄肉レンズ層との密着強度が高く、安価で大量生産が可能な赤外線レンズ並びにその製造装置及び製造方法を提供することができる。
技術概要
赤外線を透過する板状のレンズ基材と、
前記レンズ基材の一方の主面に接合された赤外線透過樹脂からなる第1の薄肉レンズ層と、
前記第1の薄肉レンズ層に連続して、前記レンズ基材の少なくとも外周部を覆うように接合された前記赤外線透過樹脂からなる補強層
を備えることを特徴とする赤外線レンズ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT