複数の医療機関が保有する患者情報を医療情報提示端末に提示するシステム

開放特許情報番号
L2018000357
開放特許情報登録日
2018/2/19
最新更新日
2018/2/19

基本情報

出願番号 特願2015-232546
出願日 2015/11/29
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-097817
公開日 2017/6/1
発明の名称 複数の医療機関が保有する患者情報を医療情報提示端末に提示するシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 緊急医療現場で有用なシステム
目的 患者単位で複数医療機関横断の診療情報(患者情報)を効率的に活用する仕組みを提供する。
効果 本発明の複数の医療機関が保有する患者情報を医療情報提示端末に提示するシステムは、巨大なデータサーバの導入が不要であり、各医療機関のセキュリティを維持しながら現在使用している患者情報提供端末を利用でき、さらに、緊急医療現場で有用なシステムである。
技術概要
サービス提供機関サーバが、各医療機関に設置された、患者情報提供端末と相互に接続し、患者ID、患者プロフィール、保険機関コード、医療従業者ID、患者情報提供端末IPアドレスを記憶し、医療情報提示端末から、患者ID/患者プロフィールを受信すると、医療機関が保有する患者の電子カルテを検索して、医療情報提示端末に表示する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT