ヒートプレートコンパクタ

開放特許情報番号
L2018000355
開放特許情報登録日
2018/2/16
最新更新日
2018/2/16

基本情報

出願番号 実願2009-008003
出願日 2009/11/10
出願人 木村 貢
登録番号 実用第3157016号
特許権者 プレコ株式会社
発明の名称 プレートコンパクタ
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 プレートコンパクタ
目的 LPガス等を封入したガスボンベを用いるプレートコンパクタにおいて、ガスボンベが振動を緩和されると共にプレートの発する熱の影響を受けないように配設されたガスボンベを備えたプレートコンパクタを提供する。
効果 燃焼炎を中空プレート中に直接吹き込むので熱効率がよい。
燃焼空気を得るために別途送風機を設ける必要がない。
機関の冷却風は風量が充分に有り、冷却により加熱されているので燃焼器の燃焼効率の向上。
空冷火花点火内燃機関の点火装置に燃焼器用のイグニションコイルを設けたことにより、別途点火装置が必要なく、確実な火花内燃点火が行われる。
簡易ガスボンベは防振部材を介して支持されており、振動により影響されない。簡易ガスボンベはプレート、燃焼室から遠く離れているのでプレート、燃焼室の熱の影響を受けない。
技術概要
加振手段の駆動源として空冷火花点火内燃機関と、アスファルト面を固化するプレートを加熱する手段を備えたプレートコンパクタにおいて、
簡易ガスボンベ及び簡易ガスボンベから燃焼器に到る燃料供給管路を有する燃料供給手段と、
空冷火花点火内燃機関の室冷ファンから気筒を冷却した後の空気を捕集する空気取入部と空気取入部から燃焼器に到る燃焼用空気供給管路と、
燃料供給管路及び燃焼用空気供給管路の夫々の管端に連結されプレートの天板上に設けられた燃焼器と、
燃焼器で発生する加熱気体を直接導入する開口を中央部に有し、周辺にこの加熱気体を排出する排出口を有する天板と、天板に対して密閉空間を介して配せられた敷きならし板を有するプレートと、
を有することを特徴とするプレートコンパクタ。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 アスファルト舗装施工では必ず必要とされる転圧機具である。
アスファルト舗装道路下の地中には、さまざまなインフラ設備が埋設されていることからあらゆる業種が必要とする機具です。

登録者情報

登録者名称 木村 貢

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT