新規DIF−1誘導体

開放特許情報番号
L2018000344
開放特許情報登録日
2018/2/16
最新更新日
2018/2/16

基本情報

出願番号 特願2009-025149
出願日 2009/2/5
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2010-180160
公開日 2010/8/19
登録番号 特許第5476650号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 新規DIF−1誘導体
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞性粘菌分化誘導剤、腫瘍細胞増殖阻害剤、糖代謝促進剤
目的 細胞分化誘導効果、腫瘍細胞増殖抑制効果および糖代謝促進効果などの薬理効果を有する新規な化合物を提供すること。
効果 DIF-1[A+1]とDIF-1[A+2]がDIF-1のagonistsとして利用できることが示唆された。DIF誘導体を抗白血病薬として使用した際に懸念される副作用(正常細胞の増殖阻害)が比較的小さいことを期待させる。
DIF-1のamide誘導体も糖尿病や肥満治療薬のリード化合物となる可能性を示している。
技術概要
本発明者はさらなるDIF−1誘導体の探索を行った結果、DIF−1のケトン部分をアミドにした化合物(アミド誘導体)の合成に成功し、それらのアミド誘導体が細胞分化誘導効果、腫瘍細胞増殖抑制効果および糖代謝促進効果などの薬理効果を有することを見い出し、本発明を完成させた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP20-039

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT