FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを用いたHSP27リン酸化阻害剤、アポトーシス誘導剤および抗癌剤

開放特許情報番号
L2018000336
開放特許情報登録日
2018/2/16
最新更新日
2018/2/16

基本情報

出願番号 特願2014-166901
出願日 2014/8/19
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2016-044128
公開日 2016/4/4
発明の名称 FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを用いたHSP27リン酸化阻害剤、アポトーシス誘導剤および抗癌剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドの用途、FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドをコードするDNAを含むベクターの用途、及び、特定のペプチド又はそれらの薬理学的に許容される塩
目的 生体内に存在する分子に由来し、腫瘍と深く関連するHSP27のリン酸化を阻害する活性を有する分子の提供。
効果 生体内に存在する分子に由来し、腫瘍と深く関連するFAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを含むHSP27リン酸化阻害剤などを提供できる。
技術概要
FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを含む、HSP27リン酸化阻害剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP26-010

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT