需要供給バランシングシステム、スイッチングシステム、需要供給管理システム、スイッチング方法、需要供給バランシング方法、需要供給管理方法、スイッチングプログラム、及び需要供給管理プログラム

開放特許情報番号
L2018000326
開放特許情報登録日
2018/2/15
最新更新日
2018/2/15

基本情報

出願番号 特願2016-514688
出願日 2015/2/24
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2015/162835
公開日 2015/10/29
発明の名称 需要供給バランシングシステム、スイッチングシステム、需要供給管理システム、スイッチング方法、需要供給バランシング方法、需要供給管理方法、スイッチングプログラム、及び需要供給管理プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 需要供給バランシングシステム
目的 複数の消費箇所や小規模供給源(以下、消費箇所と小規模供給源を総称して「ノード」という。)の情報を一か所に集めないで、消費対象を伝送するノードを公平に選定できる需要供給バランシングシステムを提供すること。
効果 スイッチングシステム30を簡易、安価、小型に構成できる。
インフラに係るコストを低く抑えることができる。
技術概要
消費対象の供給余力に基づいて制限パラメータを設定する制限パラメータ設定部と、
前記制限パラメータ設定部にて設定された前記制限パラメータを送信する送信部と、
前記消費対象の中央供給源と複数のノードとの間に各々接続される複数のスイッチングシステムと、
を備え、
前記複数のスイッチングシステムの各々は、
前記送信部にて送信された前記制限パラメータを受信する受信部と、
前記受信部にて受信した前記制限パラメータに基づく当選確率で抽選を行う抽選部と、
前記抽選部にて当選した場合に、前記消費対象を伝送可能となるように前記中央供給源と前記ノードとを接続し、かつ/又は、前記抽選部にて落選した場合に、前記消費対象を伝送不可能となるように前記中央供給源と前記ノードとの接続を切断するスイッチ部と、
を備えたことを特徴とする需要供給バランシングシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT