細胞内へ物体を導入する方法

開放特許情報番号
L2018000318
開放特許情報登録日
2018/2/15
最新更新日
2018/2/15

基本情報

出願番号 特願2016-510037
出願日 2015/3/24
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2015/146153
公開日 2015/10/1
発明の名称 細胞内へ物体を導入する方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞内へ物体を導入する方法
目的 従来技術に比してサイズの大きな物体であっても簡便に導入することができ、細胞の生存を損なうことがない細胞内物体導入方法を提供する。
効果 本発明により、従来技術に比してサイズの大きな物体であっても簡便に導入することができ、細胞の生存を損なうことがない細胞内物体導入方法が提供される。
技術概要
細胞内に物体を導入する方法であって、
前記物体が封入され、負の表面電位を付された巨大単層膜リポソーム(Giant Unilamellar Liposome)と、前記細胞と、の混合液に交流電場を印加して、前記巨大単層膜リポソームと前記細胞とを配列させる第一手順と、
該第一手順の後に、前記混合液に直流パルス電場を印加して、前記巨大単層膜リポソームの膜と前記細胞の膜とを少なくとも一部融合させる第二手順と、
を含む方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT