植物の病原体による感染を診断する方法

開放特許情報番号
L2018000300
開放特許情報登録日
2018/2/14
最新更新日
2018/2/14

基本情報

出願番号 特願2016-225600
出願日 2016/11/21
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2017-163968
公開日 2017/9/21
発明の名称 植物の病原体による感染を診断する方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 植物の病原体による感染を簡便に、迅速かつ高精度に診断する方法
目的 より迅速かつ高精度に植物の病原体による感染を検出することができる診断方法を提供する。
効果 従来の接木接種による病害診断法よりも簡便に、迅速かつ高精度に病原体による感染を診断することが可能である。
挿し木栽培によって発根した根や発芽した葉を遺伝子診断法等の試料に用いることができるため、経時的にいつでも診断を行うことができる。
土壌や市販の農業資材のみで行うことができ、非常に安価である。また、技術的に簡単であるため技術的普及が見込まれる。
感染樹や生産苗等の植物体を適切に検査でき、国内外での病害蔓延を阻止することができる。
技術概要
 
植物の一部を挿し床に挿して挿し木を行うことにより発根させる発根工程と、
発根した根を用いて病原体の有無を検出する第一の検出工程とを含む、
植物の病原体による感染を診断する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT