発光性・半導体性能を発現するクマリン系縮環化合物およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018000279
開放特許情報登録日
2018/2/9
最新更新日
2018/2/9

基本情報

出願番号 特願2016-529634
出願日 2015/6/24
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 WO2015/199141
公開日 2015/12/30
発明の名称 発光性・半導体性能を発現するクマリン系縮環化合物およびその製造方法
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 発光性有機材料
目的 高電圧や酸素等の外部環境に耐性があり、電子材料や青色発光素子として使用できる有機化合物およびその製造方法を提供すること。
効果 発光性・半導体性能を発現するクマリン縮環化合物、イソクマリン縮環化合物並びにその製造方法が提供される。
技術概要
ケイ光性クマリン骨格またはイソクマリン骨格のC3−C4位および/またはC7−C8位にベンゼン環を光縮環し、ジグザグに配列することで、ケイ光性を有し外部環境に対する堅牢性が高いことが期待される新規なクマリン誘導体またはイソクマリン誘導体が得られることに想到し、新規なクマリン縮環化合物およびイソクマリン縮環化合物並びにその合成法の開発に成功した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 整理番号:IP26-004JP

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT