データ駆動型処理装置

開放特許情報番号
L2018000248
開放特許情報登録日
2018/2/7
最新更新日
2018/2/7

基本情報

出願番号 特願2015-106386
出願日 2015/5/26
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2016-218956
公開日 2016/12/22
発明の名称 データ駆動型処理装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 処理装置
目的 データ駆動型プロセッサを有する処理装置の異常を検知すること。
効果 消費電流に基づいて、データ駆動型プロセッサを有する処理装置の異常を検知することができる。
データ入力部材の異常を判別することができる。
消費電流値に基づかない場合に比べて、電池の交換時期を精度よく判別することができる。
技術概要
自己同期型パイプラインからなるデータ駆動型プロセッサと、
前記データ駆動型プロセッサに電力を供給する電源回路と、
前記データ駆動型プロセッサにおける消費電流を検出する消費電流検出手段と、
前記消費電流検出手段が検出した消費電流が、予め見積もられた電流値の範囲から外れている場合に、異常と判別する異常判別手段と、
を備えたことを特徴とするデータ駆動型処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT