コロイド分散系及び電気浸透流の測定方法

開放特許情報番号
L2018000245
開放特許情報登録日
2018/2/7
最新更新日
2018/2/7

基本情報

出願番号 特願2015-155405
出願日 2015/8/5
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2017-032504
公開日 2017/2/9
発明の名称 コロイド分散系及び電気浸透流の測定方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 コロイド分散系及び電気浸透流の測定方法
目的 電気浸透流を可視化することによって、電気浸透流を定量的に評価し、精密なゼータ電位の測定を可能にすること。
効果 本発明の一態様に係るコロイド分散系(コロイド粒子複合体を含むコロイド溶液)及び電気浸透流の測定方法を用いることで、電気浸透流を可視化することができ、精密なゼータ電位の測定が可能となる。
技術概要
コロイド溶液中に分散したコロイド粒子と、
前記コロイド粒子表面に吸着し、前記コロイド粒子と反対電荷を有する高分子電解質とを有し、
前記高分子電解質の電荷密度が、前記高分子電解質を構成するセグメントの10%以下であるコロイド分散系
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT