光電変換ポリマー球体、光電変換ポリマー球体を備えた光学素子、光電変換ポリマー球体の製造方法

開放特許情報番号
L2018000243
開放特許情報登録日
2018/2/7
最新更新日
2018/2/7

基本情報

出願番号 特願2015-209323
出願日 2015/10/23
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2017-084879
公開日 2017/5/18
発明の名称 光電変換ポリマー球体、光電変換ポリマー球体を備えた光学素子、光電変換ポリマー球体の製造方法
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 光電変換ポリマー球体、その光電変換ポリマー球体を備えた光学素子、光電変換ポリマー球体の製造方法
目的 電荷分離効率および電荷輸送効率が高く、電荷分離寿命が長い光電変換ポリマー球体、その光電変換ポリマー球体を備えた光学素子、光電変換ポリマー球体の製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、電荷分離効率および電荷輸送効率が高く、電荷分離寿命が長い光電変換ポリマー球体、その光電変換ポリマー球体を備えた光学素子、光電変換ポリマー球体の製造方法を提供することができる。
技術概要
電子供与性分子11と電子受容性分子12を良溶媒に溶解して、電子供与性分子と電子受容性分子を含む溶液を調製する工程と、貧溶媒を容れた密閉容器内に、電子供与性分子と電子受容性分子を含む溶液を容れた、密閉容器よりも容量が小さい容器を配置して、恒温漕中にて、25℃にて1日〜7日間静置することにより、溶液中に電子供与性分子と電子受容性分子からなる球状構造体の光電変換ポリマー球体10を析出させる工程と、を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT