誘電体バリア放電による金属表層の硬化方法

開放特許情報番号
L2018000235
開放特許情報登録日
2018/2/6
最新更新日
2018/2/6

基本情報

出願番号 特願2016-056206
出願日 2016/3/18
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2017-155324
公開日 2017/9/7
発明の名称 誘電体バリア放電による金属表層の硬化方法
技術分野 金属材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属の表層に窒化処理を施す方法
目的 誘電体バリア放電技術を用いて、大気圧下で、金属表層に浸窒処理を施し、金属表層を均一に硬化する。
効果 高価な真空処理装置を必要とせず、大気圧下又は大気圧近傍下で、無害な、窒素ガス、必要に応じ、水素ガスや希ガス等の不活性ガスを含む混合ガスを用いて、被処理金属の表層に、短時間で均一に窒化処理を施すことができる。
技術概要
被処理金属の表層に窒化処理を施して硬化させる金属表層の硬化方法において、(i)窒素ガス、必要に応じ、水素ガスや希ガス等の不活性ガスを含む混合ガスからなる雰囲気で、被処理金属を包み、(ii)大気圧下又は大気圧近傍下で、誘電体バリア放電により、窒素の電離プラズマを発生させ、被処理金属の表層又は所定領域の表層に窒化処理を施すことを特徴とする誘電体バリア放電による金属表層の硬化方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT