組成変調されたリン酸コバルトリチウム化合物からなる正極材料、及び、その製造方法、並びに、高電圧リチウムイオン二次電池

開放特許情報番号
L2018000198
開放特許情報登録日
2018/1/29
最新更新日
2018/1/29

基本情報

出願番号 特願2014-019610
出願日 2014/2/4
出願人 公立大学法人兵庫県立大学
公開番号 特開2015-146307
公開日 2015/8/13
発明の名称 組成変調されたリン酸コバルトリチウム化合物からなる正極材料、及び、その製造方法、並びに、高電圧リチウムイオン二次電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 高電圧リチウムイオン二次電池を実現するための正極材料
目的 高電圧下の充放電サイクルを繰り返した際の放電容量低下を抑制した正極材料を提供する。
効果 本発明に係る正極材料は、化学組成LiCoPO↓4で表される化合物中の、二価のCo↑(2+)の一部を三価の金属イオンM↑(3+)となる金属元素Mで置換したLi↓(1−x)Co↓(1−x)M↓xPO↓4で表される化合物からなる。このようなLi↑+イオン欠損が導入された化合物を正極材料に用いることで、高い電圧を保ったまま、安定した充放電サイクル、十分な容量が維持された電池を実現できる。
技術概要
正極材料は、化学組成LiCoPO↓4で表される化合物において、二価のCo↑(2+)の一部を三価の金属イオンM↑(3+)で置換した化学組成Li↓(1−x)Co↓(1−x)M↓xPO↓4(Mは、Fe、Al、Ga、Inからなる群から選ばれた少なくとも1つである;xは、0.01≦x≦0.20を満たす)で表される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT