漏血検知方法及びそのためのセンサシステム

開放特許情報番号
L2018000189
開放特許情報登録日
2018/1/29
最新更新日
2019/8/28

基本情報

出願番号 特願2018-180182
出願日 2018/9/26
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2019-058669
公開日 2019/4/18
発明の名称 漏血検知方法及びそのためのセンサシステム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 漏血を検知する方法及びそのためのセンサシステム
目的 注射針の抜けによる漏血を汗などの液体による濡れと正確に区別し且つこれを速やかに検知する方法及びそのためのセンサシステムを提供する。
効果 血液固有の物性から漏血を検知するため、これを汗などの液体による濡れと正確に区別できて、しかも、高周波電源を用いた誘電分散測定により電気的に速やかに検知できる。
技術概要
注射針を挿入した皮膚の部位に与えられる基体に与えられた一対の電極の間の電気的変化から漏血を検知する方法であって、
前記電極に少なくとも1kHz以上の周波数の高周波電源を接続し赤血球由来の誘電緩和を検知することを特徴とする漏血検知方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT