流体軸受及びそれを備えた非対称流体供給式流体軸受装置

開放特許情報番号
L2018000112
開放特許情報登録日
2018/1/22
最新更新日
2018/1/22

基本情報

出願番号 特願2009-252677
出願日 2009/11/4
出願人 兵庫県
公開番号 特開2011-099459
公開日 2011/5/19
登録番号 特許第5397810号
特許権者 兵庫県
発明の名称 流体軸受及びそれを備えた非対称流体供給式流体軸受装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 流体軸受、及びそれを備えた流体軸受装置
目的 流体軸受の負荷容量を増大し、且つ軸受の作動に必要となる流体の流量を低減すること。
効果 負荷側の圧力と反負荷側の圧力との非対称性を大きくすることができ、負荷容量を増大させることができる。また、圧力を自在に変更可能であることにより、軸受の作動に必要となる流体の流量もこれに併せて低減させることができる。
技術概要
軸受隙間に供給する流体の圧力で軸の負荷を支持する流体軸受であって、
軸受本体と、
軸受本体に形成され、軸が挿通される軸受孔と、
軸受本体の外周面に開口し、外部から流体が流入する流体流入孔と、
軸受本体内で軸受孔を外囲し、流体流入孔に連通する流体流路と、
流体流路を軸受孔に連通させる流体絞りと、を有し、
軸受本体は、軸線方向一側の第1軸受半体と、軸線方向他側の第2軸受半体とを組付けてなり、第1軸受半体の軸線方向他側の端面である第1端面が第2軸受半体の軸線方向一側の端面である第2端面と軸線方向に突き合わされ、第1端面に形成された溝が第2端面で閉鎖されることで、流体流入孔、流体流路及び流体絞りが形成され、
流体流入孔が2つ設けられ、第1端面及び第2端面のうちの一方に設けられて負荷側と反負荷側との境界部分に位置する仕切り部が溝のうち流体流路を構成する部分を分割することで流体流路が流体流入孔に対応して負荷側と反負荷側の2つの分割流体流路に仕切られ、分割流体流路にはそれぞれ少なくとも1つの流体絞りが連通していることを特徴とする流体軸受。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT