薄膜試験片構造体、その製造方法、その引張試験方法及び引張試験装置

開放特許情報番号
L2018000110
開放特許情報登録日
2018/1/22
最新更新日
2018/1/22

基本情報

出願番号 特願2007-335667
出願日 2007/12/27
出願人 兵庫県
公開番号 特開2009-156725
公開日 2009/7/16
登録番号 特許第4942113号
特許権者 兵庫県
発明の名称 薄膜試験片構造体、その製造方法、その引張試験方法及び引張試験装置
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 薄膜試験片構造体、その製造方法、その引張試験方法及び引張試験装置
目的 薄膜材料からなる試験片を用いて精度良く引張試験を行うことができるようにする。
効果 本発明の薄膜試験片構造体によれば、薄膜材料からなる試験片を用いて精度良く引張試験を行うことができると共に、薄膜試験片のハンドリング中における破損も防止することができる。また、本発明の薄膜試験片構造体の製造方法によれば、薄膜試験片構造体を微細かつ高精度に製造することができる。また、本発明の引張試験方法によれば、薄膜試験片を支持部材が接合された状態で安定して引っ張ることができ、かつ、薄膜試験片の破断後に支持部材による影響を除外した薄膜試験片の引張特性を求めることが可能となる。
技術概要
引張試験に用いられる薄膜試験片構造体であって、
試験対象部及びそれに連続する荷重伝達部が設けられた薄膜試験片と、
前記薄膜試験片の前記試験対象部を除いた少なくとも一部を支持する支持部材とを備え、
前記支持部材は、前記荷重伝達部に接合された試験片支持部と、前記薄膜試験片と離隔した周囲に配置されたフレーム部と、前記試験片支持部を前記フレーム部に対して引張方向に相対変位可能に連結する連結部とを有していることを特徴とする薄膜試験片構造体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT