静電噴霧法を用いるチタニア−シリカ複合繊維不織布の製造方法

開放特許情報番号
L2018000107
開放特許情報登録日
2018/1/22
最新更新日
2018/1/22

基本情報

出願番号 特願2005-248431
出願日 2005/8/29
出願人 兵庫県
公開番号 特開2007-063684
公開日 2007/3/15
登録番号 特許第4854066号
特許権者 兵庫県
発明の名称 静電噴霧法を用いるチタニア−シリカ複合繊維不織布の製造方法
技術分野 繊維・紙
機能 材料・素材の製造
適用製品 チタニア−シリカ複合繊維不織布の製造方法
目的 小型で簡便な装置でも製造可能なチタニル−シリカ複合繊維不織布及びその製造方法を提供する。
効果 本発明の製造方法によって得られるチタニア−シリカ複合繊維不織布は、アルコキシチタンであるチタンテトライソプロポキシドと、アルコキシシランであるテトラエトキシシランとを有機溶媒であるエタノール中で直線的な共重合体とし、静電噴霧法により複合繊維として紡糸化して製造することを特徴としており、無機繊維にチタン薄膜を形成させた従来のチタニア繊維と比較して、微細な繊維径であり、加工性及び触感にも優れている。また、加熱して焼成することにより、比表面積を増大させ、焼成チタニア−シリカ複合繊維不織布とすることも可能である。
技術概要
チタンテトライソプロポキシド及びテトラエトキシシランを水とエタノールの混合溶媒に溶解させ、大気と接触させながら粘度が200mPa・s以上800mPa・s以下であるゾル状の紡糸液とするゾル化工程と、
前記粘度調整後の紡糸液を、静電噴霧法により紡糸化する紡糸化工程と、
を含むチタニア−シリカ複合繊維不織布の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT