環状炭酸エステルの製造方法

開放特許情報番号
L2018000106
開放特許情報登録日
2018/1/19
最新更新日
2018/1/19

基本情報

出願番号 特願2014-261600
出願日 2014/12/25
出願人 国立大学法人埼玉大学
公開番号 特開2016-000714
公開日 2016/1/7
発明の名称 環状炭酸エステルの製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 環状炭酸エステルの製造方法
目的 高圧の二酸化炭素を利用することなく、かつ金属触媒を利用することなく、比較的高い収率で環状炭酸エステルを得る製造方法の提供。
効果 本発明によれば、高圧の二酸化炭素及び金属触媒を利用することなく、種々の化合物を出発原料として用いて、比較的高い収率で環状炭酸エステルを製造できる方法を提供することができる。
技術概要
 
一般式(1)で示されるエポキシ化合物と二酸化炭素を、PhCH2−Xで示される化合物(式中、Phはフェニル基を表し、Xはハロゲン原子を表す)、クロロメチルスチレンのホモポリマー、クロロメチルスチレンとスチレンのコポリマー又はクロロメチル化ポリスチレンの存在下で反応させて、下記一般式(2)で示される環状炭酸エステルを得る工程を含む、環状炭酸エステルの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT