環境ストレスに対する植物の耐性を強化させる方法

開放特許情報番号
L2018000090
開放特許情報登録日
2018/1/19
最新更新日
2018/1/19

基本情報

出願番号 特願2015-082229
出願日 2015/4/14
出願人 国立大学法人埼玉大学
公開番号 特開2016-199519
公開日 2016/12/1
発明の名称 環境ストレスに対する植物の耐性を強化させる方法
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 環境ストレスに対する植物の耐性を強化させる方法
目的 所定の薬物で処理することによって、植物の環境ストレスに対する耐性を強化する方法を提供する。
効果 本発明によれば、オートファジー阻害剤として植物ホルモンを使用せず、また特定の遺伝子を過剰発現させない方法で、環境ストレスに対する植物の耐性を強化する方法を提供することができる。
技術概要
アブシジン酸で処理することによって植物の乾燥耐性を誘導し、乾燥ストレス又は凍結ストレスを負荷し、その後オートファジー抑制剤を用いて処理するか、又はオートファジー関連遺伝子を欠損させ、アブシジン酸で処理をした後に環境ストレスを負荷することにより、環境ストレスに対する耐性を強化させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT