筋活動可視化システムと筋活動可視化方法

開放特許情報番号
L2018000085
開放特許情報登録日
2018/1/19
最新更新日
2018/1/19

基本情報

出願番号 特願2015-216188
出願日 2015/11/2
出願人 国立大学法人埼玉大学
公開番号 特開2017-086184
公開日 2017/5/25
発明の名称 筋活動可視化システムと筋活動可視化方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 筋活動可視化システムとその可視化方法
目的 筋肉の筋活動を簡単な構造で、安価に可視化できる筋活動可視化システム及び筋活動可視化方法を提供する。
効果 本発明の筋活動可視化システム及び筋活動可視化方法は、モーションキャプチャシステムやフォースプレート、EMG等が不要であり、低コストで実現できる。
技術概要
被験者10の3次元的な姿勢を計測する距離画像カメラ20と、距離画像カメラで計測したデータから被験者の筋活動量を推定する演算部30と、推定した筋活動量を被験者の画像に重ねて表示する表示手段40とを備える。演算部30は、距離画像カメラ20のデータから被験者10の関節位置を取得し、関節位置と被験者の質量から重心位置を算出し、重心位置及び重心の加速度を用いてZMPを求め、さらに床反力を算出する。また関節位置のデータから関節角度を算出し、その角度と床反力とを用いて関節トルクを算出する。対象筋肉の起始及び停止の位置を求めて、筋長を推定し、筋長の大きさに基づいて筋活動の有無を判断し、筋活動が有るとき、関節トルクに比例した筋活動量を算出する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT