ポリマーの分解方法

開放特許情報番号
L2018000075
開放特許情報登録日
2018/1/18
最新更新日
2018/1/18

基本情報

出願番号 特願2016-026569
出願日 2016/2/16
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2017-025288
公開日 2017/2/2
発明の名称 ポリマーの分解方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリマーの分解方法
目的 低温、短時間でポリマーを分解することができ、生成物の選択性が高く、かつ、環境負荷が小さいポリマーの分解方法を提供する。
効果 本発明によれば、低温、短時間でポリマーを分解することができ、生成物の選択性が高く、かつ、環境負荷が小さいポリマーの分解方法を提供することができる。
技術概要
金属酸化物および金属水酸化物からなる群から選ばれる少なくとも1種の存在下、水熱反応にてポリマーを分解することを特徴とするポリマーの分解方法。
前記金属酸化物が、酸化セリウム、酸化アルミニウム、および酸化ジルコニウムからなる群から選ばれる少なくとも1種であるポリマーの分解方法。
前記金属水酸化物が、水酸化セリウムであるポリマーの分解方法。
前記水熱反応が、300℃以下で行われるポリマーの分解方法。
前記金属酸化物および前記金属水酸化物の平均粒子径が、100nm以下であるポリマーの分解方法。
前記ポリマーが、非ハロゲン化ポリマーであるポリマーの分解方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT