動画符号化装置、及び動画符号化プログラム

開放特許情報番号
L2018000068
開放特許情報登録日
2018/1/17
最新更新日
2018/1/17

基本情報

出願番号 特願2014-008148
出願日 2014/1/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-139013
公開日 2015/7/30
登録番号 特許第6200335号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 動画符号化装置、及び動画符号化プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 動画符号化装置、及び動画符号化プログラム
目的 動画像の符号化において、高い符号化効率を保ちつつ、計算量を削減させること。
効果 一側面において、本発明は、動画像の符号化において、高い符号化効率を保ちつつ、計算量を削減させることができる。
技術概要
画面間予測フレームを利用し、かつ他の画面間予測フレームから参照されない画面間予測フレームを有する動画像符号化方式を用いる動画像符号化装置であって、
原画像の画面に含まれる複数の領域の各々に適した、予測モード及びパラメータを決定するために、1つ以上の予測モードを順次適用して予測を試行する、予測試行部と、
原画像の画面が、前記他の画面間予測フレームから参照されない画面間予測フレームに符号化されることを指示する指示部と、
前記指示に応答して、前記予測試行部に対して、画面内予測モードを用いた予測試行に制限を課す制限部と、
を有する動画符号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT