暗号化装置、復号装置、暗号化プログラム、および復号プログラム

開放特許情報番号
L2018000058
開放特許情報登録日
2018/1/17
最新更新日
2018/1/17

基本情報

出願番号 特願2013-221551
出願日 2013/10/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-082829
公開日 2015/4/27
登録番号 特許第6155165号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 暗号化装置、復号装置、暗号化プログラム、および復号プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 暗号化装置、復号装置、暗号化プログラム、および復号プログラム
目的 一斉配信のコンテンツ配信サービスを受ける受信装置に対する不正者追跡を効果的に行う、暗号化装置、復号装置、暗号化プログラム、および復号プログラムを提供する。
効果 一斉配信のコンテンツ配信サービスを受ける受信装置に対して、不正に利用された復号鍵の追跡、つまり不正者追跡を効果的に行うことができる。
また、そのような不正者追跡を行うために必要な伝送量の増加を、少なくすることができる。
技術概要
符号化コンテンツデータを取り込むデータ取得部と、
第1領域データに、共通暗号化鍵を適用して暗号化し、共通暗号化データを生成する共通暗号化部と、
第2領域データに、第1から第n(nは2以上の整数)までの暗号化鍵をそれぞれ適用して暗号化し、個別暗号化データを生成する個別暗号化部と、
暗号化データをトランスポートストリームに変換し、暗号化鍵別のトランスポートストリームごとに、各トランスポートストリームパケットが有するヘッダのパケット識別子領域に、暗号化鍵に対応付けられたパケット識別子を設けて、暗号化パケットデータを生成する暗号化パケット生成部と、
共通パケット識別子をプログラムマップテーブルに設け、第1から第nまでの暗号化鍵にそれぞれ対応付けられたパケット識別子を含む記述子情報を生成して、これらの記述子情報をプログラムマップテーブルに設けて、平文パケットデータを生成する平文パケット生成部と、
暗号化パケットデータと、平文パケットデータとを合成して、暗号化コンテンツデータを生成するパケット合成部と、
を備えることを特徴とする暗号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT