画像符号化装置、画像復号装置及びそれらのプログラム

開放特許情報番号
L2018000049
開放特許情報登録日
2018/1/17
最新更新日
2018/1/17

基本情報

出願番号 特願2015-525679
出願日 2014/8/29
出願人 日本放送協会
公開番号 WO2015/045736
公開日 2015/4/2
登録番号 特許第6143866号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像符号化装置、画像復号装置及びそれらのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像符号化装置、画像復号装置及びそれらのプログラム
目的 直交変換を行ったブロックと、直交変換を行わないブロックとが混在していても、量子化によって発生する主観的な画質の劣化を抑えることができる画像符号化装置、画像復号装置およびそれらのプログラムを提供する。
効果 本発明によれば、直交変換を行ったブロックと、直交変換を行わないブロックとが混在していても、量子化によって発生する主観的な画質の劣化を抑えることができる。
技術概要
変換ブロックに対する直交変換をスキップするか否かを判定する判定部と、
前記直交変換をスキップすると判定され、かつ、前記変換ブロックが所定サイズを有するという第1条件が満たされた場合に、或いは、異なる粗さを有する要素によって構成される第2の量子化行列を適用しない旨を行列適用フラグが示すという第2条件が満たされた場合に、等しい粗さを有する要素によって構成される第1の量子化行列を用いて、前記変換ブロックの量子化を行う量子化部とを備え、
前記量子化部は、前記変換ブロックが所定サイズを有しておらず、かつ、前記第2条件が満たされていない場合に、前記第2の量子化行列を用いて、前記直交変換が行われた変換ブロックの量子化を行うことを特徴とする画像符号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT