静電噴霧装置:捕集体によるミストの回収・塗布の安定化

開放特許情報番号
L2018000040
開放特許情報登録日
2018/1/16
最新更新日
2018/4/4

基本情報

出願番号 特願2015-013012
出願日 2015/1/27
出願人 アネスト岩田株式会社
公開番号 特開2016-137428
公開日 2016/8/4
発明の名称 静電噴霧装置
技術分野 その他
機能 表面処理
適用製品 静電噴霧装置
目的 被塗物に塗着しない塗料などの液体によって周囲が汚されることを抑制した静電噴霧装置を提供する。
効果 被塗物に塗着しない塗料などの液体によって周囲が汚されることを抑制した静電噴霧装置を提供することができる。
技術概要
静電爆発によって霧化する霧化液体を被塗物に塗布する静電噴霧装置であって、
帯電した液体が離脱する先端を有し、前記帯電及び前記離脱が静電気力によってなされる液体噴霧部と、
前記被塗物に塗布されなかった霧化液体を捕集する捕集体と、
前記液体噴霧部の電位が、前記捕集体を基準としたときは第1の電位であり、前記被塗物を基準としたときは第2の電位であるようにするとともに、前記第1の電位の極性の方向及び前記第2の電位の極性の方向が同じとなるように、前記液体噴霧部と前記捕集体との間、及び、前記液体噴霧部と前記被塗物との間に電圧を印加する少なくとも1つの電圧印加手段と、を備え、
前記液体噴霧部と前記捕集体との間の距離が、前記液体噴霧部と前記被塗物に前記霧化液体が塗布される位置との間の距離よりも離れていることを特徴とする静電噴霧装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 静電噴霧で塗布対象に塗布できなかった霧化粒子を効率的に回収する方法及び装置。
以下9件の解放特許はいずれも静電気のみで液体を霧化し被塗物に霧化液体を塗布する静電噴霧(エレクトロスプレー)装置及び方法に関する特許で、微細部品などの今までの塗布方法(ディッピング・スプレー・ディスペンサー)では塗布できない・塗布が難しい物への塗布を可能にした装置及び方法に関する物となっている。
L2018000040(特開2016-137428)
L2018000041(特開2016-221433)
L2018000042(特開2017-042736)
L2018000043(特開2017-74541)
L2018000044(特開2017-74568)
L2018000045(特開2017-100080)
L2018000046(特開2017-170412)
L2018000047(特開2017-177096)
L2018000048(特開2017-202468)

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT