懸濁液から粉末油脂を分離する方法

開放特許情報番号
L2018000014
開放特許情報登録日
2018/1/11
最新更新日
2018/1/11

基本情報

出願番号 特願2015-137755
出願日 2015/7/9
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2017-018877
公開日 2017/1/26
発明の名称 懸濁液から粉末油脂を分離する方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 懸濁液を二酸化炭素で処理することによる粉末油脂を分離する方法
目的 低コストで懸濁液から粉末油脂を分離する方法を提供する。
効果 本発明の分離方法によれば、短時間低コストで懸濁液を粉末油脂と水とに分離することができる。
技術概要
固体状態の粉末油脂が水に分散した懸濁液に二酸化炭素を溶解させ前記粉末油脂を凝集させる工程と、
凝集した前記粉末油脂と水とを分離する工程とを含む分離方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT