電解液及びそれを用いたアルミニウム二次電池

開放特許情報番号
L2018000009
開放特許情報登録日
2018/1/11
最新更新日
2018/1/11

基本情報

出願番号 特願2016-050367
出願日 2016/3/15
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2017-168234
公開日 2017/9/21
発明の名称 電解液及びそれを用いたアルミニウム二次電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 アルミニウム二次電池
目的 安全面で問題のある有機溶媒や塩化物イオンCl−を用いることなく高電圧を出力することが可能な電解液を提供する。
効果 本発明の電解液によれば、有機溶媒や塩化物イオンCl−を用いることなく高電圧を出力することができ、アルミニウム二次電池等の電解液として有用である。
技術概要
負極がアルミニウム又はアルミニウム化合物である二次電池に用いられる電解液であって、アルミニウムビストリフルオロメタンスルホンイミドと、アミドとを含むことにより、有機溶媒や塩化物イオンCl−を用いることなく高電圧の出力を可能にして、安全で有用なアルミニウム二次電池等の電解液を実現する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT